粗大ゴミ

格安で導入ができる

オフィスの不用品

建物の解体する場合、問題となるのが大量の廃棄物の処分方法でしょう。そのまま野山に捨ててしまうと、環境にも重大な影響を与えてしまうため、問題となります。産業廃棄物は処理を請け負う会社が全て引き取ってくれますが、そのままの状態では金属や可燃物、リサイクル用の素材などが混ざっているため、選別に手間が掛かるとして引き取ってはくれません。発生した廃棄物を処分するなら、産廃選別を行なえる前処理用の機器を利用しましょう。さまざまな素材が混合した産廃を選別するなら、振動ふるい機が利用できます。細かい振動を与えることによって、素材ごとの大きさへと分けることができます。振動ふるい機は破砕機によって砕いた大きさによって分けられますが、素材の薄さや軽さによっては正確に分けることは難しいものです。木材チップなどがこれに該当し、チップが多く排出される現場であれば、振動ふるい機よりもスイングスクリーンがよいでしょう。遠心力を利用して、軽い素材でもしっかりと選別できるでしょう。最近では振動ふるい機にスイング機能を付けた機器もあるので、より正確かつ迅速に産廃選別を行なえます。

振動ふるい機やスイングスクリーンなどの機器は、取り扱っている専門の会社から購入することができます。特殊な機械であるため高額な費用が掛かるのでは、と多くの会社は危惧を抱くでしょうが、最近では小型のリーズナブルな機器も多く販売されているため、安い価格で導入することができます。小型の機器ならば、小型のトラックに積み込んで持ち運びも行なえるので、使い勝手もよいでしょう。レンタルサービスも行なっているので、頻繁に解体作業を行なわない会社や、購入する費用が用意できない会社などでも格安で利用ができるでしょう。